パラリンピック
盛り上がり的にはどうかな………って感じました。
自自身、障害者ということもありFBなどで追いかけていました。

NHKのテレビでも放送していましたが息子さんは怖いらしく見ませんでした。

まぁ〜それでもアーチェリーは動画で見てたりします。
それにアーチェリーの大会では車椅子の方も多く接する機会も多いので興味はあるようです。

ただ マジマジと見ないこともありパラリンピックの水泳などはテレビ越しではありましたがビビっていました。


でも私的には衝撃的でした。
自分がこの歳で障害を背負うことは全く考えていませんでしたので食い入るように結果など見ていました。


そんな中
本当に衝撃的だった写真があります。
FBで保存が出来たのでiPadの中に保存し見ています。
ブログに使って良いのかわかりませんが………………
写真を見る限り右手と右足でのヒルクライム。
自転車って両手でしっかりホールドし両足で漕ぐんですよね。
子供の頃 片足だけで回そうとしたことがありましたが、平坦な道や下り坂は何となく回せたとしても登りは、かなり厳しく、すぐに両足を使った記憶があります。

写真を見て下さい。
ハンドルを握っている腕を。
ペダルを回転させている足も見て下さい。

すげ〜です。
想像もつかないトレーニングだと思います。

すごいバランス感覚です。
スポーツはストイックにやるも良し
楽しく力を抜いてやるもよし。

スタンスは人それぞれですが、この写真で思い知らされました。
スポーツではなく自分自身の妥協点の甘さに。

バスにも電車にも乗れます。
アーチェリーも出来ています。
人にではなく自分自身に甘えてる部分が多い自分です。


頑張ろう。
スポンサードリンク