ロー・コントラストな世界

このブログは視神経脊髄炎で実際に自分が治療したことを書いています。 現在 症状は落ち着いていて4年ほど再発していません。

ロービジョン

やっぱ杖がなぁ・・・

やっぱり杖がアドパンテージだと大きい。
今の自分だとIDケーンみたいなシンボルケーンで十分。

病院行くとき バスなどの交通機関に乗るとき
一人で買物など単独行動時  

全て杖を出して行動します

ただ最近は慣れてきたのもあり近場は出したり出さなかったり。

障害者手帳取得時 
道路交通法でもあるように杖は必須らしい
大学病院のロービジョンでも必ず使って下さいと念を押され。
歩行訓練に行ったときも言われ。

確かに危ないんだよね
信号 見えんし 色ねぇ〜し ('A`)
プリウス音しねぇ〜し 左から来られると見えねぇ〜し
段差わかんねぇ〜し 値札みえねぇ〜し 






それでね  






点字図書館見ていたら

img11324122216

IDケーンブルーローラーチップを発見
チップが青ですぜ!!ブルーです。
シンボル的に使うからスタンダードでOKなんだけど・・・・・

青なんだよね ('A`)

でも なんで青なんだろ ('A`)

でも 先がブルーなんだよね ('A`)

グリップも色変わればなぁ・・・・・・

速攻ボタン押してたよ ('A`)

色付いてるし滅多に見ないから良いじゃん・・・
って思ったけど もともと白杖の人 滅多にいないしな ('A`)

でも これ買うと杖3本あるんだよね・・・・・・・
ってか こんな感じで杖買ってるの俺だけじゃなかろうか・・・・

βyё βyё☆|д・`*)ノシ

打楽器

高校のときの後輩が盲学校で打楽器アンサンブルを指導しています。
彼とは高校卒業してから そんなに付き合いもなかったんだけど
音大卒業して こちらに帰ってきて もう10年くらいの付き合いかな
こいつもね〜目に関しては悩み多きで37歳なのに白内障やら なんやら・・・


そんな彼のお仕事は打楽器奏者
東京から帰ってきて すぐには仕事なくてね・・・
どんな仕事でも 精力的に頑張っていました

その彼が 何があろうとも必ず行っていた盲学校
鹿児島で仕事を入れて1日空きがあれば熊本まで帰り
盲学校で打楽器アンサンブルを指導し また鹿児島に戻る
当然 戻る費用なんて仕事のギャラには含まれてないので
お金ないのに身銭きって行っていたんだけど。
その盲学校の打楽器アンサンブルがコンクールでr全国大会にも出場。
そして 金賞受賞。

その頃は 私 目はなんとも無かったので
すげ〜なって思っていただけで ('A`)

それでね数日前 彼と仕事の話をしていた時に盲学校の話になり・・・・

盲学校に視力が徐々に落ちていく病気で入ってきた男の子がいてさぁ〜
その子 野球バリバリやっていたらしく 盲学校に入った最初の1年 
ず〜と ボーって なんか抜け殻の状態やったよ
でもさ 1年経つと明るくなってさ 

今じゃ 打楽器アンサンブル入ってさ 元気にやってる。

最初の頃が嘘のよう。子供はすごいよ!!


そういえば 自分も いきなりこんな視力になったから
最初は・・・・・・・・・・死んだような状態だったなぁ〜
年齢も年齢だから 目や病気のことより 家族のことや生活のこと考えていた。

今でも考えるけど2年前とは考えることが全然違う。

βyё βyё☆|д・`*)ノシ

プロフィール

cm

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
検索
カスタム検索
スポンサード リンク
楽天市場
月別アーカイブ