ロー・コントラストな世界

このブログは視神経脊髄炎で実際に自分が治療したことを書いています。 現在 症状は落ち着いていて4年ほど再発していません。

アーチェリー

交流フェスタ

E1AA8EFE-F925-42FA-A059-68DD1454DCCC
交流フェスタ。
障がい者スポーツでアーチェリーのお手伝いを。
息子さんも連れて行くことに。

なぜだか良く分かりませんが車椅子など興味がある感じ。
お知り合いの方の車椅子を押したりしています。

私といることで、 接する機会が多いのも確か。

私がアーチェリーのスタッフで射場にいる時、息子さんアーチェリーの道具出しっぱなしで車椅子バスケ、バトミントンなどに一人で参加中。

肢体不自由や聴覚、知的など
 障がいの内容など詳しく聞いてくるし。

別にそっち方面の仕事に〜なんて微塵も思っていませんが、自分がこの年齢と言うより障がい者になるまで全く関わらなかったことでもありますので、自然に触れ合いながらとても良い経験をしているのではないかと。

 
スポンサードリンク

やっと3つ的!

IMG_3197
インドアの3つ的
距離は18mと割と近い距離です。
視力的には18mも自宅の近射も変わらないのでスコープは必要なのですが、何が良いかかというと手持ちの単眼鏡で見えることです。

さてアーチェリー始めて3年ほどでしょうか。
劇的な進歩は見受けられませんが、やっと3つ的の射ち分けができるようになりました。

ただ写真のように全部黄色に入るのは最初の方だけで疲れてくるとMを連発します。

サイトピンも当日の光具材でいろいろ変えながらです。
どうしてもサイトピンに焦点があってしまい的が消えてしまいます。
太陽が出ていると的など見えてない感じです。


弦も黒に変更しました。
弦も白だと弦に焦点が来てしまいサイトを見失います。


3年ほどやって これの繰り返しなのでカメ並みの遅さで成長しております。顔向けを変えたり、メガネを変えたり、サングラスも天候で変えたり。

半年ほど固定したフォームで練習したいのですが、なんかしっくりこなくて試行錯誤です。ダメですよね・・・考えすぎて。もっとシンプルに伸び伸び練習する方がいいと思うのですが。


今年もあと少しで終わりですね。
とりあえずラストスパートでアーチェリー練習に励みたいと思います。


 
スポンサードリンク

プロフィール

cm

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
検索
カスタム検索
スポンサード リンク
楽天市場
月別アーカイブ