ロー・コントラストな世界

このブログは視神経脊髄炎で実際に自分が治療したことを書いています。 現在 症状は落ち着いていて4年ほど再発していません。

イムラン

イムラン

イムランの減量を考える
3999005F1059

薬なんて飲まないでこしたことないはず。 プレドニンの減量は現実的でないと思うので仮に切るとしたらイムランではないかと思い相談してみたけど、この免疫抑制剤の効果の程がいまいち分からないこともあり 分からないことが、この病気の治療ということで、こちらも減量は厳しいとのこと。

そりゃ そうだなっとうなずく。

プレドニンにしろ免疫抑制剤にしろ根治は無理でも100%予防は可能となるのなら視神経脊髄炎は現状ある薬でのコントロールがしやすい病気になるんだと思う。その場合 なぜ効果があるのかが大事で それを元に副作用の少ない薬が開発されるんじゃないかと思う。

現状 さじ加減でのイムラン75mg。
副作用が出なければ明確な理由もなく飲み続けるのですが  分からないことが答えであり この病気の治療と考えると 何故だか素直に納得したりしてw

イムランを

3999005F1059
写真はイムラン50mg
毎朝50mg+半分に割った25mg=75mg内服中

プレドニンの副作用ばかりを気にしてイムランそのものは何も考えたことなかったのですが前回の記事でクロアチニンのことを調べていたらイムランのことも調べるようになり副作用やらを眺めることに。

実際 プレドニンでも風邪薬でも副作用やリスクはあるので気にしていたら薬なんて飲めなくなり他の治療を考えるようになる気がします。例えば針や漢方など。ですが自分自身 針や漢方は全くやったことないので代替医療については書きようがないですが中にはやられている方もいると思います。

視神経への針治療は何度も勧められましたが視神経云々より何らかの影響で抗体が悪さをしているような感覚でいますのでサプリや他の治療には自分の中では固くロックがかかっていると思います。現にプロテイン飲むのですら悩みましたから(笑)

鉄板はプレドニンもイムランも免疫抑制なので免疫を上げる物はNGだと言うことですね!!!


ってか余計なこと書きなぐってしまいイムランについては全然書けていませんが、それは次回ということでw
 
プロフィール

cm

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
検索
カスタム検索
スポンサード リンク
楽天市場
月別アーカイブ