ロー・コントラストな世界

このブログは視神経脊髄炎で実際に自分が治療したことを書いています。 現在 症状は落ち着いていて4年ほど再発していません。

視神経脊髄炎

眼科受診

11月1日は今年最後の眼科受診でした。
今回の眼科の診察は意外とフルコース。
眼底写真、視野検査、視力、フリッカー、眼圧、新しい機械での撮影、もう一つよくわからん機械での撮影・・・・


すげー数年ぶりのフルコース。



ただ視野検査後は散瞳しているので見えにくこと見えにくいことw



なんだかんだで、もう11月です。
2ヶ月切りましたね。
何事もなく新年を迎えられそうな気もします。



眼科の主治医とも長い付き合いです。
もう5〜6年ほどでしょうか。
神経内科の先生は、この間かなり変わっていますので、もうよくわかりません。



今回主治医と診察中に話したのはNMOの患者が現在6〜7名ほど。
その中に男性はいないみたいですね。
確かに男性の発症は珍しいのかもしれません。


男性と女性での再発頻度もやはり変わるのでしょうかね?
個人差がある病気ですから、なかなかわかりにくいとは思いますが。

しかし病院通いはまだまだ続きます。
今では何年も通っているので、大学病院は普通の病院にって感覚になっています。

昔はね・・・・大学病院なんて特別な病院だとイメージがありました。
特別な病気で行くところ。そんな病院でした。
実際に特別な病気なんで昔のイメージと病名はシンクロしているんですがね。


まぁ〜大学病院とは、まだまだ長い付き合いになりそうです。

 
スポンサードリンク

難病「多発性硬化症・視神経脊髄炎」の神経変性に関わる新たな仕組みを発見

難病「多発性硬化症・視神経脊髄炎」の神経変性に関わる新たな仕組みを発見


スポンサードリンク
プロフィール

cm

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
検索
カスタム検索
スポンサード リンク
楽天市場
月別アーカイブ